くそう、お金持ちはやっぱり長財布?

  1. 未分類
  2. 4 view

先日のプレジデントオンラインの記事に「「年収1億円」本物リッチのマネー帳、拝見!」がありまして、なんともウラヤマクソうな内容ととなっています。

本当のお金持ちはこんな感じなんだな

「全然お金が消えないんですよ、ほんとに。使おうと思えばいくらでも使えるんですが」――そういって苦笑する楊さん(仮名、52歳)は、中国・上海市出身。日中に拠点を持つ年商20億円弱の貿易商社を経営している。長身痩躯、日本語はネイティブ同然だ。「毎年、4000万円、5000万円と利益がポコポコ出てくるので困っています。どんなに節税しても、焼け石に水ですよ」(プレジデントオンライン)

マジですかですねえ。利益が出る音ってポコポコなんですか。初めて聞きました。

「お金を使うにも、使い道を探すのにストレスが溜まります。それは金銭の奴隷です。まったく意味がありません」支払いはカード派。長財布を持ち歩くのは、「カード20枚とお札を同時に入れられるのはこれだけ」だから。(プレジデントオンライン)

そっか、お金持ちが長財布を持つのは、カードをたくさん持ち歩くからか。

って、そうかなあ、金持ちは逆に一枚しか持ち歩かないのではないかと思ったり?

そういえば、以前長財布のことを書いたことがあります。

年収が高い人の財布論:ブランド王ロイヤル社長のサイフなど

ほとんどブランド王ロイヤル氏のことでしたが(苦笑)

以下のような本も出ているくらい、お金持ちは長財布なんですな。

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか? [ 亀田潤一郎 ]

価格:1,365円
(2013/3/2 22:11時点)
感想(184件)

好きなことに集中する

「お二人に限らず、これだけ稼ぐ方々は皆、本業が得意で、本業が好きだからそれに集中・特化している。いったん会社を売却して悠々自適の身になっても、1年もすれば飽き足りなくなって次の事業を始める方が多いですね」(プレジデントオンライン)

この点は、昨日までの「お金に愛される5つの習慣」の本田氏の意見と同じですね。

「自分の好きなことを、まずやることです。お金持ちにはさまざまなタイプがいますが、共通点の1つは、自分が大好きで得意なことをとことんまで究めていることです。それがあまりお金にならなくても、少なくともそれは幸せな人生です。それに、好きなことをやりながらビジネスシステムをつくるということと、多くの人に応援されるということ。この2つさえあれば、たいていそこそこのお金はできるはずなんです」(本田氏)(プレジデントオンライン)

好きなことに集中できて、それが収益になる。収益もずいぶんというところまでくると、もういくら稼ぐかというところでは、満足度が上がらないということでしょうかね。

とどのつまり、やはり結局は、楽しいと思えることを楽しめるか、ということなのでしょうねえ。

miso

節約して貯蓄して投資して増やすというサイクルを続けて、今ではそこそこの投資玉に膨らんでいるが、その一部分は借金(融資など)で成り立っている。いつかThinK moNeyな僕ら株式会社を創立するのが夢。

記事一覧

関連記事

この1年間で宝くじを買った合計平均額は?

だいたい他の皆が宝くじをどのくらい買っているのか気になったことはありませんか? 自分自身宝くじは、買ったことはありますが、定期的には買っていません。でも、宝くじを買う人は…

  • 6 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。