小遣いがスマホなどの通信費に圧迫されているって?

  1. 家計管理
  2. 4 view

皆さんはスマホとかの通信費に月いくら支払っていますか? 携帯電話が電話でしかなかった昔に比べて、今はネットもゲームもするわけですから、それは支払う金額も多くなっていることは、まったくもってあり得る話ですが、昨日の日経新聞に「小遣いにスマホの影」という記事が掲載されていました。

「小遣いにスマホの影 通信費増しわ寄せ」(電子版は以下)
http://www.nikkei.com/article/DGKDASDF2400S_U3A320C1NN1000/

小遣いの額は1990年がピーク

家計のお小遣いが減っている。総務省の家計調査では、2012年の世帯平均の小遣いは月額1万5800円と10年前と比べて4割減った。税や社会保険料のほか、スマートフォン(スマホ)普及で通信費がかさみ、消費低迷の一因になっている。(2013.03.25日経新聞朝刊)

記事に付いている統計によると、小遣いは月額1万5800円である一方、通信費は月額1万5114円となっています。実に、小遣いと同じくらい通信費にお金をかけていることになります。

そして、世帯の実収入は10年前からわずか4%しか減っていないとの調査もあるわけですが、結局のところ実収入が増えていない中で、通信費が増えているわけですから、その分小遣いが減っているのですね。

小遣いを圧迫している固定費とは

ニッセイ基礎研究所の分析では、「通信費や税・社会保険料など固定費が増えていることが、小遣いや交際費の絞込みにつながっている」とのことです。とはいえ、税金や社会保険料が増えていることは悩ましい限りなのですが、国の制度のことなので、結局なんともならないわけです。

ですが、通信費はなんとかなるはずではないかとも思うわけで。記事によると、これらの固定費が増加し続けているので、小遣いが減少し、消費が冷え、デフレが進行し、景気が悪くなっているとのことなのですね。

ということは、でも、携帯会社は儲かっているということなんでしょうかね。そんだけ通信費を昔よりとられているなら。ですが、それ相応に通信を使う世の中になっていますし、携帯会社にやられているわけではないんですよねえ。

通信費は減らせるのか

まあ、その人にとって何が大切なのかということもあろうかと思います。人によっては、小遣いよりも通信が命という方もいるわけで。

とあるファイナンシャルプランナーさんは、夫婦と小学生以下の子どもがいる世帯月収25万の場合、通信費は5%の1万2千円が適当とおっしゃっています。

二人とも携帯を持っていて、さらに固定電話があって、ネット環境があってとなると確実に超えてくる金額ですよね。固定電話をなくすとか、ネットはwimaxとかで一本化するだとか、いろいろと技はいたるところで紹介されていますが、この点、難しいところです。

miso

節約して貯蓄して投資して増やすというサイクルを続けて、今ではそこそこの投資玉に膨らんでいるが、その一部分は借金(融資など)で成り立っている。いつかThinK moNeyな僕ら株式会社を創立するのが夢。

記事一覧

関連記事

レコーディング家計術 for モノグサ

モノグサとは私のことですね、はい。では、そんなモノグサでも続く家計管理術はあるのでしょうか。あるならやってもいいよと上から目線で昔買った本を読み直してみました。…

  • 5 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。