レコーディング貯蓄術の達人たちは今? その1

  1. 貯蓄術
  2. 2 view

なかなか貯金ができない、家計簿も始められないワタシが最近入浴の友にしているのが、「レコーディング貯蓄術」です。

レコーディング貯蓄術 [ 節約でお金持ちになるブロガーの会 ]

価格:1,575円
(2013/3/4 21:50時点)
感想(1件)


この本は、2010年3月に発売されていますので、これが執筆されてから結構な時間が経っていることになります。

レコーディング貯蓄術の達人

さて、この本の構成は、レコーディング貯蓄術の達人たちが、その貯蓄術を披露していくといったものになっており、1章あたり1人が受け持っている形になっています。

その中の第4章では、中級編として「無駄な支出を徹底してカット! 節約術で余裕を生み出す」ということで、「男の節約道」のサムリさんという方による講義となっています。

この方の節約術が結構参考になるというか、うん、自分にはやれんといこともありで、印象に残りました。

「家計簿はつけるべし、ただしマメにつける必要は無し」「家計を一つの財布で管理するな、袋別けのススメ」は、特に参考になった部分です。

この中でも、袋別けというのは、例えば食費は2万と決めて、食費に関しては、小分けされた2万円札から実際に支出し、原則その中でやりくりする、という手法です。

実際に2万しかないわけですから、支出による残額の減少が目に見えて分かるわけで、いちいち家計簿つける手間も省けて、視覚でみるみるお金が減っていくという、ある意味切迫感もあわせて味わえる仕組みになっています。

この切迫感が結構重要で、あーだいぶ減ってきたなあと思えば、必然的に食費を抑えたりということになるという。それって、あーそうだね、いい考え方だねと思っても実際にはなーなーのままで、やらなかったりするもんですが、実際にやってみるだけできっとだいぶ違うんでしょう。

その他にも給与をもらったら、とりあえず手取りの10から20%を差っ引いてしまうだとか、つもり貯金(これは、個人的にはできそうもない。)や小銭貯金(1日単位で残った小銭を貯蓄していくこと)が紹介されており、参考になりました。

男の節約術は今?

以上のようにレコーディング貯蓄術の達人であるサムリさんの「男の節約術」というサイトをのぞいてみましたが、ちょうど昨年の7月頃から更新が止まっているようでした。貯蓄に燃え尽きたのか、いや、たぶんそんなんではなくて、ホームページ作りに燃え尽きたのか、家の用事が忙しいのか。

本の出版から3年が経った今、サムリさんはどこへ? たぶん、貯蓄術を完成させてしまったのでしょうね。

miso

節約して貯蓄して投資して増やすというサイクルを続けて、今ではそこそこの投資玉に膨らんでいるが、その一部分は借金(融資など)で成り立っている。いつかThinK moNeyな僕ら株式会社を創立するのが夢。

記事一覧

関連記事

レコーディング貯蓄術を読んで(まとめ編)

なかなか貯金ができない、家計簿も始められないワタシが最近入浴の友にしているのが、「レコーディング貯蓄術」です。前回までは、各ブロガーさんたちの記事ごとに印象に残ったことに…

  • 4 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。