Amazon「フラストレーションフリーパッケージ(FFP)」で発注すると安くなるときもある。

  1. 節約術
  2. 29 view

Amazonが始めた「フラストレーションフリーパッケージ(FFP)」というサービスをご存知でしょうか。これは、簡単に言ってしまうと、発注された製品を環境に配慮して過剰包装をしない形で郵送しますぜ、というものです。TPPやFFXとは別物ですよん。

Amazon「フラストレーションフリーパッケージ(FFP)」について

まあ、普通に考えれば梱包がちゃっちくなるわけですから、値段が下がってもよいと思われるのですが、そもそもの目的が「過剰包装をやめて顧客のストレスを軽減します」というものなので、直接的な価格への影響とは別だそうで。

とはいえ、中には安くなるものもある

そもそも、FFPが設定されていない製品の方がまだ圧倒的多数で、現時点は一部の特に家電を中心とした製品にしかないのが現状となっています。とはいえ、FFPがある製品のうち、通常版とFFP版の両方が用意されているものがあり、その価格差はないものと認識していたのですが、実際は違うようです。

例えば、「Transcend SDHCカード 16GB Class10」の場合、FFPの方が100円ほど安く、一部のP&Gのパンパースに至っては、逆にFFPの方が高くなってしまうケースもあるようで。

まあ、そもそもAmazonのモノの価格は、その日その日で結構変動する場合があるので、一概には言えないところが危険なところなのですが。

FFP版がある場合は、価格の確認を

というわけで、ひとつの製品に通常版とFFP版があるときには、両方の価格を確認することが必要になるわけです。通常版しかないと思っていても、実はFFP版があったりと、特に家電関係は気をつけた方がよさそうです。

まあ、そもそもアマゾンで検索する前に、カカクコムで価格比較を行っておいた方が良いとも言えますが。

miso

節約して貯蓄して投資して増やすというサイクルを続けて、今ではそこそこの投資玉に膨らんでいるが、その一部分は借金(融資など)で成り立っている。いつかThinK moNeyな僕ら株式会社を創立するのが夢。

記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。